4月, 2018年

GW休診日のお知らせ

2018-04-08

いつも当施設をご利用いただきありがとうございます。

4/27(金)~5/6(日)の間、休診とさせていただきます。

ご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承のほどお願い申し上げます。

なお、5/7(月)より通常通り診療致します。

横浜市がん検診・特定健診のご案内

2018-04-01
横浜市がん検診は、死亡原因の第1位であるがんを早期に発見し、適切な治療に結びつけるために実施されています。
横浜市にご在住で、下記の年齢要件等を満たす方は、当クリニックで横浜市がん検診を受診いただけます。
横浜市がん検診の種別と受診者負担額は下記の通りで、受診を希望される方は、事前にお申し込みの上、どうぞご利用ください。
また、横浜市がん検診と同日に“特定健診”も受診できますので、当クリニックで受診可能な“特定健診受診券”をお持ちの方は、あわせての受診をお奨めいたします。
【検診種別と受診者負担額】
検診種別
検査内容
受診者負担額
年齢要件等
肺がん
胸部X線検査
680円
40歳以上の方
(年度に1回)
胃がん
胃部X線検査
3,140円
40歳以上の方
(年度に1回)
大腸がん
便潜血検査
600円
40歳以上の方
(年度に1回)
乳がん
視触診
マンモグラフィー検査
1,370円
40歳以上の方
(2年に1回)
子宮がん
頸部細胞診
1,360円
20歳以上の方
(2年に1回)
頸部+体部細胞診
2,620円
20歳以上で医師が必要と認める方(2年に1回)
前立腺がん
PSA検査
1,000円
50歳以上の方
(年度に1回)
※現在治療中の方は、受診できない場合がありますので、かかりつけの医師にご相談ください。
※生理中での子宮頸がん健診は、正確な細胞検査の結果が得られない為、ご受診できません。
※マンモグラフィー検査は、ペースメーカーを装着している方や、豊胸手術をされた方には実施できません。
※無料クーポン対象者、70歳以上の方など、横浜市の定める要件に該当する方は、無料となります。
詳しくは各区福祉保健センターにお尋ねください。
※その他、ご不明点などございましたら、当クリニックにお問い合わせください。

特定健康診査について

2018-04-01

特定健診は、糖尿病や高血圧症、高脂血症など生活習慣病の前兆であるメタボリックシンドロームを早期に発見し、予防するため、平成20年(2008年)に全国の市町村で導入された健康診断です。

当クリニックで受診可能な“特定健診受診券”をお持ちの方は、事前にお申し込みの上、どうぞご利用ください。

受診券・利用券がなくご不明な方は、ご加入の健康保険・国民健康保険の健診担当部署にお問い合わせください。

また、横浜市にご在住の方は、特定健診と同日に“横浜市がん検診”も受診できますので、あわせての受診をお奨めいたします。

労働安全衛生法に基づく健康診断のご案内

2018-04-01

 

当クリニックでは、労働安全衛生法に基づく健康診断を実施しております。

事業所様には、職域の「定期健康診断」、「雇入時の健康診断」として、

また一般個人の皆様には、「就職時の健康診断」などとしてどうぞご利用ください。

 

 

健診種別

定期健康診断(A)

定期健康診断(B)

雇入時の健康診断

(就職時の健康診断)

検査料金

6,480円

12,960円

 

 

 

 

問診・診察

既往歴および業務歴の調査

自覚症状および

他覚症状の有無の検査

既往歴および業務歴の調査

自覚症状および

他覚症状の有無の検査

身体計測

身長・体重・BMI

身長・体重・BMI・腹囲

視力検査

視力測定

視力測定

聴力検査

聴力測定(10004000

聴力測定(10004000

循環器検査

血圧測定

血圧測定

心電図検査(安静時)

胸部X線検査

直接撮影

直接撮影

貧血検査

 

赤血球・ヘモグロビン

肝機能検査

 

GOT・GPT・γ-GTP

脂質検査

 

HDL・LDL・中性脂肪

血糖検査

 

空腹時血糖・HbA1c

尿検査

尿糖・蛋白

尿糖・蛋白

 

 

*上記の健康診断のほか、「特定業務従事者の健康診断」、「海外派遣労働者の健康診断」の実施、

検査項目の追加など、ご要望に応じ対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

*指定診断書の発行は、別途文書料が必要です。

「アミノインデックス がんリスクスクリーニング(AICS)」のご案内

2018-04-01
●アミノインデックス がんリスクスクリーニング(AICS)とは

血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度バランスの違いを統計的に解析することで、がんに罹患しているリスクを評価する新しい検査です。

●アミノインデックスの特徴

1回の採血(約5mL)で、複数のがんを同時に検査することができます。早期がんにも対応しています。

●アミノインデックスの検査対象となるがん

男性では胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がんの合計5種のがんに対するリスクを評価します。女性では胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん、子宮がん・卵巣がんの合計6種のがんに対するリスクを評価します。

(子宮がん・卵巣がんについては、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんのいずれかのがんであるリスクを評価することはできますが、それぞれのがんのリスクについて区別することはできません。)

 

●アミノインデックスの対象者

下記年齢の日本人を対象として開発された検査です。妊娠されている場合、結果に影響がありますので検査は受けられません。

※各がん種の評価対象年齢は、一部受診対象年齢と異なります。備考に記載した各がん種の評価対象年齢外の方のAICS値は評価対象外となります。

検査項目
名称
受診対象
年齢
評価対象がん がん種別
評価対象年齢
備考
男性(5種) 25歳~              90歳 胃がん、肺がん、大腸がん、       膵臓がん 25歳~90歳
前立腺がん 40歳~90歳 25歳~39歳の方は評価対象外です
女性(6種) 20歳~              90歳 胃がん、肺がん、大腸がん、       乳がん、膵臓がん 25歳~90歳 20歳~24歳の方は評価対象外です
子宮がん、卵巣がん 20歳~80歳 81歳~90歳の方は評価対象外です

 

●受診前の注意事項

血液中のアミノ酸バランスに影響を与える可能性がありますので、検査のための採血は、食事後8時間以上あけ、午前中に受診してください。またアミノ酸のサプリメント、アミノ酸含有スポーツ飲料、アミノ酸製剤、牛乳、ジュースなども食事と同様にお控えください。

●結果について

それぞれのがん種について、がんに罹患している可能性を0.0~10.0の数値(AICS値)で報告します。数値が高いほど、がんである可能性が高くなります。また、AICS値からリスクを判断する目安として、「ランクA」「ランクB」「ランクC」の3段階に分類されます。

 

※アミノインデックスは、がんであるかどうかを確定するものではありません。アミノインデックスは今までのがん検査とは異なる全く新しい角度からがんの可能性を評価する方法で、他のがん検査を併用することでがんを見つけ出せる可能性が高くなると考えられます。

 

●費用  ※この検査に健康保険は適用されません。

男性AICS(5種)・・・¥23,760(税込)

女性AICS(6種)・・・¥23,760(税込)

 

●申込方法・問い合わせ先

完全予約制になっており、検査を受けられるのは午前中のみとなります。

ご希望の方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

【健診お問い合わせ】 045-782-3222

 

アミノインデックスは味の素(株)の登録商標です。

http://www.ajinomoto.co.jp/products/aminoindex.html

Copyright© 2010 横浜、金沢八景の人間ドック・脳ドック・がん検診・特定健診なら京浜健診クリニック All Rights Reserved.